アルテマの生活4
アルテマ帝国管理人のアルテマによる他愛もない日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1週間の没落劇
思えば、あの日も月曜日だった。

大学から帰って、夕方の民法ニュースのスポーツコーナーでも見ようと18時40分ごろ何気なくTVをつけたら、馴染みのあるビルと共に、仰々しい行列が映っていた。

画面には唐突に「ライブドア強制捜査」の文字、リポーターも「ライブドア本社に捜査員が入っていきます」と繰り返すばかり、朝のニュースでは耐震強度偽装事件の証人喚問が迫っているニュースしかやっていなかったので、ライブドアでなにが起こっているのか全く分からなかったのを覚えている。

ここ1週間で色々なことが明るみになった。一昨年以来、世間を騒がし続けたホリエモンこと堀江貴文氏の逮捕も不可避となっていった。

そして、また今日の月曜日、大学から帰ってニュースで突然「堀江社長逮捕へ」の文字を見て、その早さに驚いた。事情聴取があったとは聞いていたが。

結局、近鉄球団買収表明以来の1年半で得たホリエモンの栄華は、1週間のうちに崩れ去り、「容疑者」の称号が残るのみとなった。



堀江容疑者が直接不正にかかわっていようがいまいが、ライブドアという会社の中で明らかな違法行為が行われていたのはどうやら紛れもない事実らしい。もちろん、許しがたい行為だが、時間外取引でニッポン放送株を大量取得するといったような、法律の穴をつきまくってきた会社としては、こう法律に真正面から違反する行為を平気で行えるというのも迂闊といえば迂闊だし、バカといえばバカである。

ライブドアの没落は避けられない。

livedoor Blogユーザーとしては、ブログの移転も考えなければならないかもしれない。

しかし、「時代の寵児」と呼ばれた彼の姿は単なる幻影だったのだろうか?

違法行為という自業自得な原因での没落とはいえ、僅か1年半ではあるが「一時代を築く」活躍をした彼がこのまま終わってしまうのはさびしい気がする。

堀江容疑者には、厳正なる刑罰を課した上で、彼が刑に服している間に自分の犯した過ちを見つめなおし、もう一度、今度は適正な手段で返り咲いている。こういう彼の姿を見てみたいものである。

そのためにも、不正にかかわっているのならば即刻自首すべきである。このまま否認を続け、物証により実刑判決を喰らうということになったら再浮上など起こりえない。もちろん、実際に彼がかかわっていない可能性なんて0に等しい。



ホリエモンは更生できるか?堀江容疑者の性格上、刑期が終わったら何らかの形で表舞台に出るだろうし、少々楽しみにしておきたい。





でも、彼が刑期を終える前に私が自立しないとねw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。