アルテマの生活4
アルテマ帝国管理人のアルテマによる他愛もない日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
センター試験
今年もまたこの季節ですか。(今年は始まったばっかですがw)
例年センター試験はなぜか雪が降るのですが、
今年もとりあえず今夜に限っては寒い気がしますね。

東京は晴れの予報でしたが、なぜか隣の神奈川では小さい雪マークがw
今冬は多分まだ雪1度も降ってないのでこれは呪いですか?

そんな私のセンターの記憶はしつこいようですが2+18=30w
スポンサーサイト
テポドンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
今日はあの国の体制の瓦解への序章であろう。

でも、流れ弾に当って死ぬのは勘弁だなあ・・・。

人が住んでいないどうでもいいとこに落ちて、そのままWARに持ち込んじゃえば早いんでしょうが、そういう意味ではテポドン2号の打ち上げ失敗弾が日本海に着弾したのはあの国にとってラッキーか。(もちろん、都市部に落ちて大惨事になった可能性はあるわけでそういう意味では無責任な発言ですね)


まあ、テポドンより試験のほうが大事なんですよw
年度末の話題は政治ではなく誠司?
なんだか、いろんな人が辞めるとか辞めるとの表明をしたようですね。

まあ、ニュースなんか見ずにFF12やりまくっていたからよくわからんけどw

今回の前原前代表(てか実は代表戦までは居座っていたりするのかな?まあんなことどうでもいいか)の敗因は何と言っても、m9(^Д^)プギャーな結果に終わった永田のメールに対して「信憑性が高い」だの「送金が事実である証拠を見せる」だの散々言っといたことですね。

なんか、軽率に攻撃をしたことで墓穴を掘った民主党代表としては、どこかで見たことがあるようなします。

具体的に挙げれば一昨年でしたか、年金を納めるよう啓発するポスター起用されたタレントというか江角マキコが年金未納であることが発覚した時に、江角を国会に呼べとか言っておきながら自身の未納が発覚してm9(^Д^)プギャーとなってまった人ですね。

なんかこの人の場合は未納の期間があったのは完全に行政側のミスで、こいつ自身は悪くないらしいんですが、まあそんなこと知っている人は微々たるものだろう。

いずれにせよ功を焦って墓穴を掘るような過ちを繰り返さないでいただきたい。だんだん嫌になってくるから。

とっとと「タバコ1箱を10000円にする法案」を可決していただきたいものです。
WBC優勝!
いや~、感動しました。
2004年に巨人ファンをやめて以来、野球というスポーツをTVを通してを含めて真剣に見たことは無かったわけですが、今日のこの試合は私の巨人ファン時代の野球観戦熱をはるかに上回る興奮を与えてくれたと思います。

しかし、初回に四球がらみで4点いただいたときはワンサイドゲームかな?と思ってしまいましたが、さすがキューバ、粘りは見事でした。

9回表のエラーがなければもしかしたら結果は変わっていたかもしれません。もちろん、これにつけこんで決定的な4点を入れた日本チームは素晴らしかったです。

しかし、イチローは神ですね。
個人的には松井のファンということがあるため、彼の辞退にはがっかりさせられましたが、まあ3年後はWBCの大会も今回以上に本格的なものとなると思われるので、ここでベストメンバーを揃えて連覇という姿を見たいものです。
やっぱりヒッキー
一応、外には出ましたからね。3日ぶりにw

で、最近は「私は引きこもりです」みたいな内容の記事が続いていますし、どうせFF12が出たらもっとヒッキーなんですから、久々に時事問題に触れてみましょう。



今日触れたいのは、視聴率から見れば殊の外盛り上がっているといえそうな、『野球の世界一』決定戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)です。

本日の早朝に行われた、日本×アメリカの8回表にかなり不可解な判定がありまして、一部の民放ニュース番組ではトップニュースとして扱われるほどの事態となってしまいました。

まあ、実際にスロー映像を見る限り、あれは正当なタッチアップですからね。こりゃ間違いなく誤審でしょう。

華やかな大リーグ選手陣の揃うアメリカ代表が、誤審をしなければ日本代表に勝てないような実力なのかはあんまり信じたくないのですが、一発勝負は何があるか分かりませんし、現に予選リーグで負けているようですからね(カナダ相手だっけ)。現に3-3の接戦となっていて、保険としての誤審というカードを切ったのか。恐るべし。

そもそもWBCの開催意図がよくわかりません。

おそらく、サッカーのW杯を意識した権威ある世界一決定戦を作ることで、世界規模での野球の普及を図ることが表向きの理由の1つでしょう。

しかし、権威ある世界一決定戦と銘打つにはお粗末さが多すぎます。アメリカ戦の審判がアメリカ人だったり、トーナメントの組み合わせがこうなった理由がよくわかんなかったり(多分、準決勝で比較的実力の劣るアジアと当たることでアメリカが確実に決勝に進めるようにしたのでしょう)。モウダメポ。

これはただアメリカの自己満足ですね。



4年前のなんたら五輪を思い出してしまった。なんだっけ?しょっぱそうな五輪だったと記憶しているが。

そういや、同じ組に4年前に別のある一大スポーツイベントでの誤審が話題となった当事国がもう1つありますね。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 。まあ考えすぎですか。
決戦前夜の人々へ
え~、タイトルとはやや逸脱する話題でございますが、結局今日は6時にちゃんと起きまして、サーシャ=コーエン選手以下6人の選手の演技を生で見ました。

荒川選手、金メダル獲得おめでとうございます。村主選手も素晴らしかったと思います。安藤選手は演技する時刻が早過ぎですw起きれません。



さて、明日よりいよいよ国立大学の前期日程が始まります。

昨年は大望を果たすことができなかった我が同輩たち、そしてこの時まで必死で頑張ってきた我が後輩たちの健闘を祈ってやみません。

特に我が同輩に向けたメッセージですが、全てが終わったら飲みましょうね。

まあ、我々は一足お先に明後日飲んでますからw
つなぎの小ネタ集
今日バイトやってせいもありませてニュース全く見てないんですが、少なくとも昼過ぎに駅の売店で見た夕刊紙には一般紙もタブロイド紙も「永田辞職」一食だったんですが、今ネットで見る限り「休養」ってなんだこりゃ?まあいずれにせよ、ろくに裏をとらずに例のメールを公開してしまったようで・・・。永田なんてのはどうでもいいんですが、こりゃ前原も終わったかな。そうなると小沢一郎ですかまた。

まあ、政治ネタは最近は自民党もスキャンダルばっかりで嫌になるのでこれ以上触れないとして、



いよいよ今週末は国立の前期試験です。金曜に「ドラえもん」を見ると土日に幸運が訪れる信じるアルテマさんとしては、受験生には是非、明日放映されるドラえもんを見るようお奨めします。いい結果が訪れることでしょう。

だが、肝心の私自身は明日もバイトで、このドラえもん見れないのよね。昨年度の国立前期試験のときのドラえもんにはお世話になっているだけに残念です。ですがバイト先の意向に逆らえるほどの身分ではございません。



そして明日の早朝はなんと言ってもトリノ五輪の女子フィギュアスケートフリープログラムですね。これを見るために私は久々に0時台に寝るつもりです。(いつもは3時台w)なお、安藤選手は登場する時間が早すぎるということで断念。おきるのは6時ごろの予定ですが、6時に起きるのって一体何年ぶりだろう?wただし旅行の出発日を除く。多分2004年の末以来だなw

まあ、今では午前6時まで寝ずに起きていることのほうが頻繁だがねw
avexの売り方に疑問
倖田來未というアーティストがブレイクしている。

個人的にはオセロ部部長(現在の部長ではなく、私の代の部長)が早くから倖田來未に注目しており、無名時代のこのアーティストに対して「中国の国家主席かソイツ?(もちろん前国家主席の江沢民を意識している)」見たいな揶揄をした記憶がある。

しかし、FF10-2の主題歌を彼女が歌ったことから、私も一転してこのアーティストにひそかに注目をしだした。この時の彼女の歌唱スタイルは今とは全くかけ離れていましたが。

で、みなさまご存知の通り、倖田來未は「エロかっこいい」などと評される、露出の多い歌唱スタイルで、シングル曲を出し続け、去年出たベストアルバム「Best~first things~」がミリオンを突破するという大ヒットを飛ばしたのである。このベストアルバムはアルテマのiPodにもちゃっかり収まっているwまた、彼女はこのヒットの影響もあろう、年末のレコード大賞にも輝いた。まあ去年のレコ大は金賞の時点でひどすぎましたけど。

昨年末から彼女は12週連続シングルリリースというものを行っている。12枚の中には限定生産のものが多数含まれているようだが、オリコンチャートを見る限り、現段階ではなかなか好調といってようだ。

そんななかで、とんでもないニュースが飛び込んできた。

3月にこの12シングルを全て収録したベストアルバム「BEST~second session~」を発売することが決定したのだ。

12枚のシングルをコレクションしているファンにとっては関係ことかもしれないが、純粋に彼女の曲をして、これまで出てきた彼女の連続リリースシングルを買い集めているファンもいるだろう。この去年のベストアルバムリリースから半年すらたたずにリリースされる新たなベストアルバムは、こういったファンに対する裏切り行為ではないだろうか。このようなリリースは「売れるうちに売ってしまおう」というavexの商業主義の結晶以外の何物でもない。

そもそも、このようなことを発表しておいて、これからリリースされる(※昨日付で発売のシングルを含む)5枚を買う人が熱烈なファンをのぞいているのだろうか?

今週のオリコンチャートはB'zなどがいるため単純比較できないが、限定生産盤で週間1位をとったこともある彼女のCDは、今回は限定盤ではないにもかかわらずデイリーチャートで4位に甘んじている。(FF7DCの曲ではあるものの個人的に大嫌いなGacktより下である。)

昨年はいわゆる「のまネコ」騒動などで一部の人たちの間だけなのかもしれませんが、少なくとも私個人の評価を著しく下げているavexのこの"暴挙"によって、1アーティストの寿命を縮めるという結果を招いてしまうというものは避けてほしいものだ。実際は厳しいと思いますが。
1週間の没落劇
思えば、あの日も月曜日だった。

大学から帰って、夕方の民法ニュースのスポーツコーナーでも見ようと18時40分ごろ何気なくTVをつけたら、馴染みのあるビルと共に、仰々しい行列が映っていた。

画面には唐突に「ライブドア強制捜査」の文字、リポーターも「ライブドア本社に捜査員が入っていきます」と繰り返すばかり、朝のニュースでは耐震強度偽装事件の証人喚問が迫っているニュースしかやっていなかったので、ライブドアでなにが起こっているのか全く分からなかったのを覚えている。

ここ1週間で色々なことが明るみになった。一昨年以来、世間を騒がし続けたホリエモンこと堀江貴文氏の逮捕も不可避となっていった。

そして、また今日の月曜日、大学から帰ってニュースで突然「堀江社長逮捕へ」の文字を見て、その早さに驚いた。事情聴取があったとは聞いていたが。

結局、近鉄球団買収表明以来の1年半で得たホリエモンの栄華は、1週間のうちに崩れ去り、「容疑者」の称号が残るのみとなった。



堀江容疑者が直接不正にかかわっていようがいまいが、ライブドアという会社の中で明らかな違法行為が行われていたのはどうやら紛れもない事実らしい。もちろん、許しがたい行為だが、時間外取引でニッポン放送株を大量取得するといったような、法律の穴をつきまくってきた会社としては、こう法律に真正面から違反する行為を平気で行えるというのも迂闊といえば迂闊だし、バカといえばバカである。

ライブドアの没落は避けられない。

livedoor Blogユーザーとしては、ブログの移転も考えなければならないかもしれない。

しかし、「時代の寵児」と呼ばれた彼の姿は単なる幻影だったのだろうか?

違法行為という自業自得な原因での没落とはいえ、僅か1年半ではあるが「一時代を築く」活躍をした彼がこのまま終わってしまうのはさびしい気がする。

堀江容疑者には、厳正なる刑罰を課した上で、彼が刑に服している間に自分の犯した過ちを見つめなおし、もう一度、今度は適正な手段で返り咲いている。こういう彼の姿を見てみたいものである。

そのためにも、不正にかかわっているのならば即刻自首すべきである。このまま否認を続け、物証により実刑判決を喰らうということになったら再浮上など起こりえない。もちろん、実際に彼がかかわっていない可能性なんて0に等しい。



ホリエモンは更生できるか?堀江容疑者の性格上、刑期が終わったら何らかの形で表舞台に出るだろうし、少々楽しみにしておきたい。





でも、彼が刑期を終える前に私が自立しないとねw
センター試験終了
センター試験の2日目が終了しました。

身近で頑張っている人たちを見ていると、単なる時事問題としてこれを述べていることに心なしか罪悪感を覚えます。まあ、私のほうももうすぐ試験地獄ですからあおいこですw

今日行われたのは、個人的には専門科目と言える理数系科目です。

昨日に引き続き問題をザッと読んでみましたが、

数1Aはまあ、いつも通りの問題でしょう。空間図形が必答問題となったようですが、だからといって十分に対策していけば楽に解けた問題でしょう。2+18を間違えなければ十分に満点を狙える内容だと思います。

数2Bはまず、数列の問題が記載されていることにジェネレーションギャップを感じますw旧課程で学んだ人間としましては、従来は選択問題といえば数B確率を学ばない限りはベクトルと複素数しか選択肢がないのですが、今年は選択の幅が広がってよかったのではないでしょうか?

物理ははっきりいって易化してますね。なんかの勘違いで96点だった私も今年なら100いったでしょう。

化学も標準的だと思います。まあ、有機や無機の細かい知識はいろいろ欠落しているもんで、今解いたら100点取れないのかもしれませんが。あと、NaOHが皮膚についたからって、大量の希塩酸で洗わないで下さいwちょっと洗っている光景見てみたいですけどw

てなわけで、とりあえず入試の第1幕は終了です。お疲れ様でした。

第2幕の頃は私のほうの試験も終わっていて傍観するのみ、ヒヒヒ(ヒドイ
センター試験始まる
センター試験の初日に東京で雪が降るのは「お約束」なのでしょうか、それとも「呪い」なのでしょうか。

今回の雪は、東京では1998年以来の規模らしくて、いろいろ交通機関に影響が出たそうですが、まあ、その辺はちゃんと想定して早めに会場に行くのが普通ですね。

今年からは新課程の入試となる。とはいえ、旧課程で学んで今日の試験に臨んだ人にとっても、センターならあまり影響はないでしょう。



で、さっそく今日の分の問題を見てみました。(※実際に去年私が受けた科目に対応)

まず政経、1問目で8戦6勝wやっぱりなまってるなあ。大学入ってからは文系科目なんてほとんど触れてないし。

で、国語は見る気すら起きないのでスルーwいや~、もう去年受かった時はもうこの「国語」と永久にオサラバできることがうれしくてうれしくて(もちろん誇張です。しかも、厳密に言えばオサラバできていないw)。

次に英語ですが、まあこれは易化しているでしょう。去年私は1問2点の文法問題を3つ落として194点でしたが、今年は全部出来たし200は手中でしょう。



で、今年いちばんの関心事はやはりリスニングです。

英語というのはコミュニケーション手段なんですから、実用面では読む書くよりも話す聞くのほうが大事なのは明らかでしょう。センター試験でのリスニング導入については大賛成です。個人的にはライティングみたいなのも導入してほしいですが、さすがに物理的に無理か。

で、リスニング導入の際に大きな話題になったのが、リスニング再生用ICプレイヤーの導入です。

なんでも、リスニングの受験条件を平等にする為には教室に備え付けられているスピーカーじゃダメだそうで、こんなものを導入したそうですが。

では、過去に行われている各大学の試験でのリスニングテストや英検なんかのリスニングは不平等なのでしょうか?私にはそうは思えません。

ICプレイヤー導入の弊害が見事に上の記事に現われています。こうなることは大体予想がついたわけでしたが、昨日のニュースで開発担当者が「ちゃんとテストしているからトラブルなど起きない」と豪語していましたが、もうねアホかと。

これはどう見てもICプレイヤーを大学入試センターやセンター模試を主催する予備校に買わせて、メーカーを潤す策略です。本当にありがとうございました。



てか、最後に一言!

リスニングの問題ぬるすぎです。
これじゃ高校入試に出てもおかしくないよ・・・。こんな内容なのに、ICプレーヤの不調で動揺された方(もしかしたら理不尽に不正とみなされた方もいるかもしれません)、本当にお気の毒です。

ともあれ、大学入試センター試験は明日も続きます。

とりわけ、私の身近な人々でこの日に向けて1年勉強しつづけて来た方、ぜひとも実力を出し切ってくださいね。

姉歯証人喚問
今日は、髪型も偽造した「危険なアネハ」君の証人喚問をやっていました。

はっきりいって2限のやる気のない授業に出るのは癪だったのですが、レポート課題が出されていたため、やむなく時間通りに出席することにし、証人喚問のTVでの鑑賞は冒頭の数分間に限られましたが(しかも、「あなたは姉歯秀次君ですか?」とか「住所は?」みたいなどうでもいいやり取りしか見れんかった)、とりあえず、姉歯元建築士が逃げずに証人喚問に出席したことは良かったことだと思います。

しかし、最近の姉歯を風刺したネタはなかなか面白いですねw

崩壊の呪文 アネハとか(※元ネタはバルス。ラピュタ参照)

大きな古狸とか。
毎年恒例この予想
いよいよ2005年も残すところあと1ヶ月。

流行語大賞予想の季節がやってきました。(実際に見てくださっている人何人いるか分かりませんけどねw)

では、もう前置きどうでもいいのでいきなり予想から行きます。なお()内は予想受賞者及びその簡単な解説です。

大賞

萌え(やばい、受賞者候補が思いつかないw)

刺客/小泉チルドレン/小泉シスターズ(片山さつき、3つ全てに該当し小選挙区で勝ったのはこの人のみ。同じく3つ全てに該当する佐藤ゆかりとの同時受賞の可能性あり)

その他流行語トップテン

フォー(レーザーラモンHG)

クール・ビズ(小池百合子)

ディープインパクト(池江泰郎<調教師>)

想定の範囲内他、一連騒動の時に多数出現した用語(堀江貴文)

愛・地球博(愛知県知事か長久手及び瀬戸の市長か?まさか、モリコロw)

NANA(矢沢あい)

マリンガン打線(ボビー・バレンタイン)

アスベスト(受賞者なし)

まあ、今回は対抗とか行って他に候補立てずに10個にとどめておこう。インスパイヤとか推したいんだけど、まあ現実的に無理だろう。





続いて、いつものように個人的な2005年の流行語を10個。今年は色々ありました。

①2+18=30

②レタックス早く来い

③ドラえもんスペシャルの呪い

④LATEX

⑤ウィンブルドン

⑥シケ対

⑦もすかう

⑧アトキンス物理化学

⑨ハグしちゃお

⑩菊花賞の呪い
商業戦略の奏功と考える
オリコンの2005年年間チャートにおいて、「修二と彰」が歌う「青春アミーゴ」が1位に輝いたという。集計期間3週間前にリリースされたものらしく、驚異のペースで売上を伸ばし、2位となったケツメイシの「さくら」を約3000枚差でかわしたそうである。

この曲が年間チャートを制する可能性があるというニュースは私の仲間内でも話題となった。ただ、ここで出た一致した見解は、この曲が本当に年間1位にふさわしいのかという疑問を呈するものばかりだった。

そもそも、この曲をよく知らないという人も多かった。我々の仲間内の中での状況を一般化することはあまりにも早計なことかもしれないが、この曲は少なくとも国民的に浸透している曲と言えないだろう。

私がこの曲の存在を感知したのは、この曲が発売された週のたしか日曜日であったと記憶している。各TV局がワイドショー的な番組の中で異口同音にこの曲がミリオンを達成したと報じたのである。私は日本の音楽史上で1週間でミリオンを達成した曲は過去3曲しかないことを知っていたし、近年のCD不況を思えば、1週間もたたずにミリオンを達成することなど不可解な話だなと思った。

同時に、そのような珠玉の名曲を実際に聴いてみたいという感情が沸き起こった。そして、いつだったかは忘れたが実際にTVで遭遇した。曲の評価については完全に個人的な主観の問題なのであるが、私にとっては珠玉の名曲とは到底感じられなかった。

私はこの曲がここまでヒットしてしまったのは、連鎖的な要因があり、この要因を彼らの所属事務所であるジャニーズが完全に読みきっていたことがチャートを制した理由であると思う。

1つは、ジャニーズのタレントにはかなずいるというオタクの存在である。オタクたちが1週目の売上を押し上げることは予測できるし、ましてや今年ドラマなどでの活躍が著しかったタレントを歌手として売り出しているわけだから、CDの売上が他のジャニーズのタレントの平均を大きく上回ることは読めたのだと思う。

そして、2つ目の要因はマスコミの存在である。どうやらこの事務所はマスコミと太いパイプを持っているらしい(日テレのドラマの主題歌にもかかわらず、彼らが他局の歌番組に出たことなどから想像できる)。マスコミが積極的に報じれば、オタクでない人たちの興味を引くことは間違いない。ここで興味を持った人たちが実際にCDを購入し、2週目以降の売上の伸びに繋がったのだろう。

このような消費者の行動を読みきったこで、こうなってしまったわけである。



しかし、個人的には商業的戦略により作られた「名曲」が1位とは腑に落ちない。

まず、オタクが売上数を押し上げたということは、まあ「ハッピーマテリアル」が1位になるようなものである。

過去10年の年間チャート1位の曲を見れば、「だんご3兄弟」という子供番組から現われたヒット曲はあるが、どれも珠玉の名曲と呼べるものばかりだと思う。(2002年は微妙wてか、これもイカサマミリオンなんだよなw)

出来れば、2位や3位に甘んじてしまったケツメイシやミスチルに1位をとって欲しかったと思う。どちらの曲も、珠玉の名曲と呼べるまのであったと私は考える。
首都圏交通網大混乱
大学へ行くのに私も山手線を使っているわけですが、今日はとんでもないことが起きたようですね。

8時15分ごろにトラブルが発覚していたそうですが、これは毎週月曜に私が山手線に乗っている時刻と見事に重なります。(正確には私が山手線に乗るのは8時半ちょっと前)

よって、見事に直撃!と思ったら、今週に限り幸運なことが、

それは1限休講という素敵なプレゼント(?)

1限休講により、出発時刻が1時間半ほどずれ込んだため、外回りは動き始めたなどの情報を得つつ、見事に遅刻することなく大学に到達できました。

まあ、私が外回りから降りてからちょっとたって外回りはまたとまったようですがw



それにしても、今回の錘の落下というのは管理が杜撰だったということになるのではないでしょうか?まあ正確な落下原因が分からない限りははっきりと糾弾することは出来ませんが。

とりあえず、かなりの重さを持つ錘による負傷者や死者が出なくてよかったです。

てか、あそこまさに国際フォーラムの脇ですよね。人通りも結構あると思うのですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。